「うつ病歴18年目」のオジサンの闘病日誌です!「うつ病」かなって思ったら…!「うつ病」になっちゃったら…!「うつオジサンの闘病日誌」を読んでみてください!何かのヒントになるかもよ!
CATEGORY

カテゴリー

「うつ病」などの精神疾患の治療の一環である「作業療法」とは…?

「うつ病」などの精神疾患の治療の一環である「作業療法」とは、どのようなものでしょう?「作業療法」で検索してみると、「人々の健康や幸福を推進するために、医療・保健・教育・福祉・職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助」と出てきました。うつオジサンの経験から言えば、そんな難しいことではなく、ただ作業を行 […]

「ケタミン治療の薬剤耐性」と「ボーっと感」について、主治医と議論する…!

4月28日(木)の「ケタミン治療」の後の診察のとき、うつオジサンは主治医と「ケタミン治療の薬剤耐性」と「ボーっと感」について議論をしました。主治医が言うには、「薬物耐性とボーっと感は関係ありません!」とのこと。しかしなあ、何か違うんだよなあ? 「ケタミン治療」の「薬物耐性」について…! 以前に書いたことがありますが、G […]

「うつ病」のお薬である「抗うつ剤」を急に止めるとどうなってしまうのでしょう…?

うつオジサンは、過去に3日間だけ「抗うつ剤」を飲まない日がありました。毎週木曜日には通院しているのですが、木曜日を過ぎるとうつオジサンの主治医は月曜日までいません。そんなある木曜日、「うつ病」の症状が酷くてどうしてもベッドから起き上がれず、通院できませんでした。それからの3日間、とても恐ろしい3日間になりました。 「う […]

「うつ病」の治療法の一種である「ケタミン治療」という治療法について…!

うつオジサンは、週に1回、一日入院で「ケタミン治療」という治療を受けています。「ケタミン治療」とは、「うつ病」の治療法の一つです。今日は、「ケタミン」治療を受けているうつオジサンの感想を書いてみます。 ※ 「ケタミン治療」や「ケタラール」の「効果」、また「幻覚」といった表現につきましては、すべてうつオジサン個人の体験に […]

うつオジサンが考える「アドラー心理学」の効用とその可能性~その8「人生を豊かにする方法」~

アドラーは、人生には「仕事」、「交友」、「愛」という3つのタスク(小さな単位の作業)が存在すると言いました。これらは、すべて対人関係に直結していますが、対人関係とは必ずしも理想通りにいくものではなくて、さまざまな障壁が立ちはだかっているもの。そんな困難なタスクを、アドラーはどのように解決しようと考えたのでしょうか? 第 […]

主治医からの新たな『宿題』~「大人の発達障害」について調べてください!

うつオジサンの主治医は、ときどき思いつたように「宿題」を出します。それは、うつオジサンの「うつ病」が改善されないためです。前回は、「双極性障害(躁うつ病)」と「単極性うつ病」についてでした。しかし、「双極性障害(躁うつ病)」でないと見るや、今度は「大人の発達障害」について調べるようにと「宿題」を出されました。 主治医か […]

うつオジサンが考える「アドラー心理学」の効用とその可能性~その7「健全な家庭環境の作り方」~

育った家庭の環境は、自分自身を形成する要因として多きな影響を与えています。親からの教えや兄弟姉妹との関係は、どのような影響をもたらすのでしょう。また、子どもにとって望ましい家庭環境が何たるかをアドラーは後世に伝えています。今回は、アドラー心理学が教えてくれる「健全な家庭環境の作り方」についてです。 第一回(プロローグ) […]

「双極性障害(躁うつ病)」の症状とその治療法について調べてみました…!

うつオジサンは、主治医から「双極性障害(躁うつ病)について調べるように…。」と宿題を出されています。「双極性障害(躁うつ病)」の症状と治療についてです。うつオジサンの「うつ病」がなかなか改善しないため、「双極性障害(躁うつ病)」ではないかと疑っているのです。うつオジサンとしては、「単極性うつ病」だと思うのですが…。 「 […]

うつオジサンが考える「アドラー心理学」の効用とその可能性~その6「仕事で人を効率的に動かす」~

仕事を円滑に進めるために大切なことは、職場での協力的なコミュニケーションを取ることです。感情的に叱責してくる上司に、失敗ばかりの部下など、仕事の悩みは人それぞれ。今回は、相手を勇気づけ、対人関係を良好に保ち「仕事で人を効率的に動かす方法」について、アドラー心理学の観点から見ていくことにしましょう。 第一回(プロローグ) […]

うつオジサンが考える「アドラー心理学」の効用とその可能性~その5「対人関係をよくする方法!」~

職場でも学校でも、生きていく上では人との関わりは避けては通れません。中には「他の人と上手に付き合うことができない」と悩んでいる人は多いのでは…?今回は、人と関わるうえで大切にしていきたいことや気をつけたいことを「アドラー心理学」の観点から見ていくことにします。「うつ病」との関連性もあるのではないかと思うのですが…! 第 […]