「うつ病歴18年目」のオジサンの闘病日誌です!「うつ病」かなって思ったら…!「うつ病」になっちゃったら…!「うつオジサンの闘病日誌」を読んでみてください!何かのヒントになるかもよ!

うつオジサン、『夢判断』について考える…!

先日、夢のお話の第二弾、「魔女の悪戯」について書きました。
うつオジサンは、占いであるとか、血液型による性格判断、などなど信用していません。
先日の夢があまりに面白かったので、少し「夢判断」について学んでみました。

フロイトの『夢判断』…!

ジークムント・フロイト(1856~1939年)は、オーストリアの精神医学者で、精神分析の創始者です。
1900年に『夢判断』を著しています。(少し、いや、だいぶ古いですが…。)

フロイトは、自分自身の精神分析を通して、人の心がいかに「無意識」に支配されているかを発見しました。
人の心を氷山に例えるならば、水面上に見えるのはほんの一部であり、大部分は無意識という水面下にあって、この深層が人の行動や思考のもとにあると考えました。

フロイトは、『夢判断』の中で、誰もが体験する「夢」という現象を通して、「夢」はすべて抑圧された願望の充足であり、その願望は幼児期の体験に由来すると述べています。

フロイトは、二つのことを明らかにしています。
 ① どんな夢も目覚めているときの人の心の所産であること
 ② なぜ「夢」というものが、奇妙な取り留めもないことなのか

フロイトは、1,000以上の夢を判断し、それらを解き明かしました。
その結果、「夢」の内容は願望の充足を表していて、その願望が「夢」の動機になっていると考えました。

先日、うつオジサンが見た「魔女の悪戯」は、どのようなことになるのだろうかと事例を探してみました。
なかなか、これだ…という事例は見つかりませんでした。
そこで、フロイトの『夢判断』から解き明かしてみましょう。

フロイトによると、「夢」は願望の充足なので、うつオジサンが見た「魔女の悪戯」で起こった出来事は願望ということですよね。

「魔女の悪戯」につきましては、こちらから…!

「魔女の悪戯」の中で起こった出来事を挙げてみましょう。
  ・アメリカ旅行に行く。いるはずのないの娘を連れて…。
  ・興味もないボクシングの世界王者決定戦を観に行く。
  ・500万円のお金を挑戦者に賭けた。
  ・いるはずのない妻は、事故で死んだと思っていたが、実は魔女の世界にいるらしい。
  ・娘は、「魔女になる練習」をしていて、どうやら「魔女になりたい」らしい。
  ・500万円を選ぶか、娘を選ぶかの選択を魔女に迫られる。
…といった内容ですが、改めて思い出してみると「夢」としては、なかなか面白いと思います。

次に、フロイトのいうとおり「願望の充足」という点から考えてみると、
  ・アメリカでもどこでも旅行に行きたい ⇒ 引きこもりからの脱却
  ・ボクシング世界王者決定戦を観に行きたい ⇒ 興奮の欲求
  ・妻と娘が欲しい ⇒ そばにいてくれる人が欲しい
  ・500万円のお金が欲しい ⇒ マジで欲しい
  ・魔女という恐怖の対象を欲している ⇒ 「自死」願望あるいは「生」への執着
  ・決断、あるいは選択することを欲している。 ⇒ 何もない生活からの脱却
…ということにでもなるのでしょうか?

フロイトの『夢判断』をもとにした、うつオジサンなりの夢判断ですが、これはこれで面白い結果ですね。

100年以上前の精神分析、夢分析もなかなか侮れなようです。

うつオジサンの無意識という水面下にある深層には、上記のような願望があるのでしょうか?
(ないと思うんだけどなあ!)

ただし、フロイトは、「リビドー(性的衝動)」を強調しすぎたために、意義を唱える人もいたとか。

ユングの『夢判断』

カール・グスタフ・ユング(1875~1961年)は、スイスの精神科医・心理学者です。
フロイトに影響を受けたとされています。

ユングについての本なり資料なりはもっていないので、検索してみました。
すると、意外にも多くの人たちが「ユングの夢判断」について書かれていて、現在においてもカウンセリングに用いたり、夢の分析に用いていることに驚きました。

フロイトに影響を受けたとされていますが、ユングの書いた論文の中では、
『夢分析の臨床使用の可能性』、『夢心理学概論』、『夢の本質について』の三つが主要三大論文と言われています。

なんだか難しい方向に行きそうなので、やめておきましょう。
また、うつオジサンの「魔女の悪戯」に対しても、何らかの考察ができそうにもありませんでした。

うつオジサンは、難しいものには手を出さないのです。

『夢判断』とは…。

『夢占い』というのがありますね。
自分が見た「夢」が何を意味しているのかを占うものです。
しかし、『夢占い』には限界があります。
『夢占い』は、自分が見た「夢」の事象でしか判断できず、「無意識」が紐づけされていないからです。
自分が見た「夢」と「無意識」が紐づけられて、意味を持たせることで『夢判断』、『夢分析』となるのです。

これまた、難しい方向に行きそうです。
うつオジサンは、ただ「魔女の悪戯」なる「夢」がなにがしかの意味があるのかを知りたかっただけです。
この意味では、フロイトの『夢判断』で十分な気がします。
なかなか面白い『夢判断』になりましたよね。

もしも、あなたが「うつ病」の中にいるのなら、「夢」を思い出してみませんか?
ほんの少しでいいのです。

 

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像)
最新情報をチェックしよう!